white song

アーティスト野川さくら
作詞野川さくら
作曲影山ヒロノブ
街の風が 頬を抜ける
冷たさがさみしさに 変わっていく 胸をたたくの

ふりかえると せつないけど
机に書いた夢と 気持だけは 信じている

思いが指の隙間
こぼれることもあるけど
夢見て傷つくことなら
こわくない

真っ白な翼 広げよう
夢の地図はこの胸にある
つらいときは 泣いてもいい
明日のために

笑顔からいつもはじめよう
さみしさは今はいらないよ
わたしのすべてを 愛が
つつんでいるよ

生まれてきた 街は遠く
過ぎた時をかぞえて 立ち止まれば 失っていく

流してきた 涙さえも
夢のひとつなんだと 信じられる 勇気がある

雲の切れ間に見える
空は果てしないはず
光り射す道を たどって
飛びだそう

真っ白な翼 広げよう
夢の地図はこの胸にある
どんなときも 負けないから
歌い続ける

くじけそうな時 目を閉じて
あなたの笑顔を 思い出す
わたしのすべてを 愛が
つつんでいるよ

真っ白な翼 広げよう
夢の地図はこの胸にある
つらいときは 泣いてもいい
明日のために

笑顔からいつもはじめよう
さみしさは今はいらないよ
わたしのすべてを 愛が
つつんでいるよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加