どれだけ遠く

アーティスト松崎しげる
作詞谷川俊太郎
作曲小室等
花屋のあざみを 黙ってみつめて
もう話すことも ありはしない
どこまで歩いても 同じ曲り角
ここから どれだけ遠く離れたら
優しさは よみがえるのだろう

なんでもないのと 微笑みながらも
目をそらすきみを 見たくない
嘘ならいくらでも ついていいんだよ
きみから どれだけ遠く離れたら
もういちど 愛せるのだろう

汚れたコップに 朝陽があたって
思い出ばかりが 生きている
いつまで夢見ても 同じ朝がくる
いまからどれだけ遠く離れたら
明日はやってくるのだろう
いまからどれだけ遠く離れたら
明日はやってくるのだろう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加