窓の外を誰かが歩いている

アーティスト谷山浩子
作詞谷山浩子
作曲谷山浩子
生まれて そしていつかもう一度土に還る
わたしの歩いてきた道も
風に吹かれて消えていく

小枝が絶え間なく窓を打つ こんな夜には
遠い過去のどこか
置いてきたレコードが回り出す

窓の外を誰かが歩いている
静かに顔を伏せて 気配だけ動いていく
閉ざした窓の外を誰かが歩いている
いつまでもいつまでも
名づけられない思い出のように

この部屋 わたしだけの机と椅子とランプ
こうしてもう千年も
ここにいる気がする 影になり

窓の外を誰かが歩いている
あの時 呼ばれたのに通り過ぎた余所の子供
それとも 逃げたままで行方知れずのカナリア
世界中の誰ひとり 覚えていない約束

窓の外を誰かが歩いている
静かに顔を伏せて
大切な言葉をさがすように
窓の外を誰かが歩いている
いつまでもいつまでも
それは消えない わたしの目の中

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加