気づかれてはいけない

アーティスト谷山浩子
作詞綾辻行人
作曲谷山浩子
夜更けの街角 突然 闇を切り開いた光が
君の顔を照らす
茶色い瞳が まるで鏡のように僕の姿を
映して揺れている
目をそらしちゃいけない 見失ってしまうよ
手を触れてはいけない このままぞっと
ざわめく街路樹 冷たい風に君と僕の体は
夜空に舞い上がるよ
見知らぬ星座が二人の周りをぐるぐる回って
時間を止めている

振り向いてはいけない 引き離されてしまう
逃げ出してはいけない 吐息を隠せ

ここはたぶん どこにもない夢の街角
僕も君も 夢の中の まぼろしの影
どこかで今眠っている 誰かの夢が
途切れる時 消えてしまう 二人は

気づかれてはいけない 育ち始めた恋を
じっと息を殺して 闇に紛れて

流れを断ち切れ 急ぎ足で朝へと向かう時間の
静脈を凍えさせ
眠りの迷路で 夢見る者は 永遠に夢みつづける
二度と 朝は来ない

流れを断ち切れ 急ぎ足で朝へと向かう時間の
静脈を凍えさせ
眠りの迷路で 愛する者は 永遠に愛しつづける
二度と 明日は来ない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加