火吹き山の魔法使い

アーティスト麻枝准×やなぎなぎ
作詞麻枝准
作曲麻枝准
きみは魔法使いに憧れて古今東西から怪しげな書物を集めては読み漁る日々

ある日きみは会うなりこう言うんだ
「手に持ってるだけで魔法を使うことができる石があるらしい
是非探すのを手伝ってくれ」と

場所は活火山の深く そこで眠れる竜が守ってるとかなんてファンタジーな話だ
登山する支度して戦う準備もしてきみのヘルメット姿には笑いが止まんない
なんて滑稽な冒険者一行だ

山道は険しすぎてそもそも荷物が多すぎる
でも本当に竜がいるならこれぐらいは必要

どうして魔法なんて使いたいのかと訊くときみはそっぽを向いて
「この手である人を守りたい」

火□につき底に降り始めた

何かがごおと鳴いた
まさか本当に竜が居るなんて! でも今は現実を見なきゃ死んじゃう!
きみはたいまつかかげ こっちだと囮になる
巨大な生き物がきみを追い込んでいった
ああどこに石はあるんだ? 見つけなきゃ!

マグマの近くに光るものがあった
焼け付くような中 その石を手に取る

『竜よ燃えろ』そう強く念じた

奇跡が巻き起こった
竜は炎に包まれ足を踏み外しマグマに落ちた
口にはきみがくわえられてた 再び念じた
『きみよダイヤモンドになれ マグマにも熔けない』
いつか必ずきみを救い出す
もっと魔法を極めて

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加