Knockin' On Dream's Door

アーティスト麻生夏子
作詞こだまさおり
作曲ぺさ
夢を駆ける 時を超えて

見上げる空に 羽ばたいた翼の残像
ありふれていく 手のひらの小さな勇気
仔猫の頃にうたってた 夢の旋律が
静かな朝に 透明なコードをくれる

そっとかさねあわす そのイメージは わたしになった

Knockin' On Dream's Door 泣きたい眩しさへ
いつの間にか たどり着いていたんだ

巡る朝と 時を超えて

キミはわたしの 退屈を知らない恋人
もっと正しい世界へと 誘いにくるの

過去に意味をあげよう 夢見るチカラ 手に入れたから

Knockin' On Heaven's Door 魔法じゃなくたって
わたし達は たどり着けるはずだよ

賑やかな音の向こう
響きあう明日の予感へ

次の夢で会える 弾む思いを カタチにするよ

Knockin' On Dream's Door 泣きたい眩しさへ
わたしはまた 約束を叶えよう
Knockin' On Heaven's Door 魔法じゃなくたって
かならずまた たどり着けるはずだよ

巡る朝に 夏の扉
時を超えて 夢を駆ける

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加