ひとりの夜に

アーティスト齋藤惣一朗
作詞齋藤惣一朗
作曲齋藤惣一朗
惚れたあの娘の住む町に
思いをよせて・・・
遠く離れたあの頃の
思い出流し

ピンクのセーターが似合ってた
そんなあの娘・・・
急に大人びてこまらせた
スリムなあの娘

だましつづけた偽りの日々が
いつのまにか愛に変わり
おおいかくすように抱きしめた
女達の顔・・・

一人の夜に飛んで行く
あの街角で・・・
せつない想いにむせぶように
あの娘を探してる・・・

いくどとなくまわしたTelephone NO
uh・・・La La La・・・
寂しすぎる こんな夜は

誰の胸に抱かれて眠る
この星空の下・・・
感じやすいあの娘はいつか
オトナになっていった・・・

一人の夜に飛んで行く
あの街角で・・・
せつない想いにむせぶように
あの娘を探してる・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加