サイダー

アーティストゆーきゃん
作詞ゆーきゃん
作曲ゆーきゃん
夏枯れの嘘
八月 赤い花 いま風に散った
黄昏る雲
軽くまつ毛を伏せて 話し始めた

サイダー飲んだ

にわか雨が上がったそのあとで
誰か 気付いてしまうんだろう
誰か いま 気付いてしまうんだろう

「淡い太陽に 焼け落ちた烏の群れ そのなかに白いのが一羽 混じっている」

忘れ物をきみに届けた後で 何がぼくに残るんだろう
何がいま ぼくに残るんだろう

サイダー飲んだ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加