同棲時代

アーティスト渚ようこ
作詞上村一夫
作曲都倉俊一
愛はいつもいくつかの過ちに
満たされている・・・

ふたりは いつも
傷つけあって暮らした

それが ふたりの
愛のかたちだと信じた

できることなら あなたを殺して
あたしも死のうと思った

それが 愛することだと信じ
よろこびにふるえた

愛のくらし 同棲時代

寒い部屋で
まぼろしを見て くらした

それが ふたりの
愛のかたちだと 信じた

泣いて狂った あたしを抱いて
あなたも静かに 泣いてた

それが愛することだと信じ
よろこびにふるえた

愛のくらし 同棲時代

もし 愛が 美しいものなら
それは 男と女が犯す

この過ちの美しさに
ほかならぬであろう

それか愛することだと信じ
よろこびにふるえた
愛のくらし 同棲時代

そして 愛がいつも
涙で終るものなら・・・
それは 愛がもともと
涙の棲家だからだ・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加