ポンピイ・クラウンの片想い

アーティスト谷山浩子
作詞谷山浩子
作曲谷山浩子
たとえばポンピイ・クラウン わけもなく歩く
ほら きみの帽子を 空高く 投げ上げれば
そのまま空に すいこまれて行く
二度と 帰らない

ほんとは 誰も 誰もいないのに
耳もとで くすくす ききなれた 笑い声が
手をさしのべれば 風をつかむだけ
きょうもひとり

まぶたとじて 耳をすませば
遠くで 波の音が
夢にみた海は もうすぐ

たとえばポンピイ・クラウン きみのスカートが
巻き起こす竜巻き 林も雲も山脈も
風にざわめいて 風に泣いている
高く 低く

ほんとは 誰も 誰もいないのに
どこにでも あの人がいる
巨大な 彼の まなざしが
空を埋めて行く
きみを埋めて行く
息もできない 想いがあふれて
朝も 夜も

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加