Heavy Rain Generation

アーティストDIAMOND☆DOGS
作詞児嶋隆
作曲辰己博成
黒い雲がビルの空覆う 強い風が吹きすさんでいる
君は今頃どうしてる 僕は立ちつくすだけ

雨粒がアスファルト 叩きはじめてる
傷ついた夢の裂け目に しのびこんでしまうようさ

生きていくことだけでもムズカシすぎる
土砂降りの雨のような時代に 人は皆 誰も胸に
水たまりを抱えて
足早に肩すぼめて通りすぎていく

僕らのこの世代 夢を見るのもツライ
それでもまだあきらめたりはしない
君を守れるほど 強くはないけれど
光の差す明日のために

あの頃はいつだって ハシャギあってたね
夢を見ていつか叶うと 遠い空を見上げていた

少しずつ大人になるほどに何かを
失ってしまうような気がする
あらがって はいあがって
叫びたくなる時は
君のこと思い出すよ 胸が痛いから

僕らのこの世代 時の流れも早い
振り返れば長い旅の途中で
激しい雨が降る 心に沁みてくる
駆け抜けてくことしがないさ

僕らのこの世代 夢を見るのもツライ
それでもまだ あきらめたりはしない
君を守れるほど 強くはないけれど
光の差す明日のために
光の差す明日のために

黒い雲がビルの空覆う
雨がこの体を打ちつける

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加