19才の頃の別れ話

アーティストみなみらんぼう
作詞みなみらんぼう
作曲みなみらんぼう
何度も電話を したのに出ないから
地下鉄に乗って あんたを訪ねた
あんたの部屋には 明りがついて
ジャズが窓から こぼれて聞こえた

ドアを蹴ったら きれいな女が
どなたでしょうかと おびえた目で見る
パジャマ姿のあんたが出てきて
今夜のところは 帰れと言った

19才の別れは こんなぐあいで
愛もなく涙さえも ドラマもなかったけど
夢見る頃を 過ぎたあたしの
笑い話さ

優しいだけの 男は半端さ
それなのにいつだって 優しさに掴まる
私も少しはりこうになったけど
淋しい心にゃ 泣かされ続けた

19才の別れは こんなぐあいで
愛もなく涙さえも ドラマもなかったけど
夢見る頃を 過ぎたあたしの
笑い話さ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加