メロウトロン

アーティストクラムボン
作詞110, 195
作曲310
一月の空から 降りしきる粉雪
歩こう 僕のまちは一晩で息を飲むほどに

街路樹も自転車も 純白を着込んで
きれい 僕のまちはこの冬一番の冷え込みで

ささやかに燃える体温 踏みしめるたび感じて
あたたかな僕の体温 澄みきったまちに溶けて
寒がりな君はきっと、今ごろ肩をちぢこませ
子猫みたいにそっと 白い息を吐いている

灰色の空から 降りつもる粉雪
歩こう 夏の終わりみんなで話し込んだ道

時計台もテレビ塔も ぼんやりとかすんで
きれい 僕のまちは今夜強く吹雪くらしい

ささやかに燃える体温 踏みしめるたび感じて
あたたかな僕の体温、澄みきったまちに溶けて
寒がりな君はきっと マフラーに顔をうずめ
確かめるようにそっと 白い季節を歩いてる
家路をいそぐ足あと 静まりかえる大通りで

またたく間冷める体温 立ちどまるたび感じて
あたたかにともる街灯 さみしげなまちに揺れて
寒がりな君はきっと 降りしきる雪を見上げ
子供みたいにそっと 白い頬を赤らめてる

ささやかに燃える体温 踏みしめるたび感じて
あたたかな僕の体温 冷えきったまちに溶けて
寒がりな君の体温 どうしても思い出せない
子犬みたいにそっと 季節のなかを歩いてる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加