ドーナツ・ショップ

アーティスト尾崎豊
作詞尾崎豊
作曲尾崎豊
あの頃僕が見ていた ガード・レール越しの黄昏
君の言う どうでもいいことに 心奪われてた
空の色を すこしだけ口にしても 本当は
コンクリートの街並が さみしいんだよって
うつむいた

僕は探しつづけてる

ドーナツ・ショップに流れる 音楽に足を止め
今日の君は 泣きたい気分なのと 目をふせてた
人や車の流れを 自分のさみしさの様に見ていた
ねえ 僕らの感じることは
これだけのことなの

君は探しつづけてる

スタンドの油だらけの壁と 同じくらい黄昏た街
僕は何度も つぶやいた
本当は 何もかも違うんだ
わかってよ

僕は探しつづけてる

(台詞)
もう どれくらい僕は目を閉じていたんだろう
何もかもが 僕の観念によってゆがめられていく
そして それだけが 僕の真実だ
いつ始まり いつ終わるというのだろう
夕陽はビルのかげにすっかりかくれてしまった
さぁ もう目を開けて とりかこむ全ての物事の中で
真実をつかむんだ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加