穀物の雨が降る

アーティスト谷山浩子
作詞谷山浩子
作曲谷山浩子
街にトカゲが出てくる 青い背中光らせて
どこかへ行くわけじゃなく うごめきたまっている
どうしてこんなに トカゲばかりなんだ?

ライ麦もようのシャツで 怒りながら歩いてる
きみが空を指させば 突然イナホの雨
ハリボテのビルが くしゃくしゃとくずれて
落ちる 落ちる 落ちる!

穀物の雨が降る どしゃ降りの雨が
バラバラと音をたて Foo-wa Foo-wa
悪いマジョの魔法がとける

クルマは動けなくなり 電車も全部とまった
重なるように倒れて ヒトも息をしなくなる
こわれたオモチャのように ころがる街

きみは笑う はればれと これで自由に歩ける
狭苦しい部屋の中 いつも考えていた
やつらかぼくかが いなくならなければ
そうだ そうだ そうだ!

穀物の雨が降る 終わらない雨が
午後五時の日をあびて Foo-wa Foo-wa
光る光る 最期の街が

穀物の雨が降る 終わらない雨が
午後五時の日をあびて Foo-wa Foo-wa
いつかきっと 地球も止まる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加