昼の星

アーティストAZUMA HITOMI
作詞岡田麿里
作曲神前暁
出し忘れた手紙が だれかの手とどくころ
日傘くるりまわした 空には昼の星

指きりした指をかみきり 去っていく影を
追いかけてはよあけにまよい ひぐれにはぐれた

昼の星に 願いをささぐなら
いつかの窓 あかり灯してと

仰い月に灼かれた やさしいだれかの夢
千の波をただよい 浜辺にうちあがる

ひろいあげてハンケチ包み ポケットにしまう
けして癒えぬ顔した傷の かさぶたはがれた

昼の星に 願いをささぐなら
つづく痛み うけいれるかわり
どうぞわたしの 背中に羽根を
この空へはばたける羽根を

上昇するわたしは 空の屋根にぶつかって
堕ちていくのどこまでも ああ 昼の星 笑う

昼の星に 願いを捧ぐなら
つづくなみだ 抱きしめるかわり
どうぞだれかよ わたし忘れて
べつの朝はばたける羽根を

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加