夜明けまで

アーティスト前田敦子
作詞秋元康
作曲春行
あなたの長い指と指
絡めてるのが好き
言葉は何もなくたって
なぜだかわかり合えるの

この場所にやって来るまで
いくつの恋に泣いただろう

愛の砂が落ちるように
時間(とき)はさらさらと
白いシーツの上
積もって行(ゆ)く
私たちはひとつになり
肌のぬくもりと
愛しさを閉じ込め
夜明けまで

隣で静かな寝息を
聞いているのが好き
何でもないようなことが
しあわせに思えるの

やさしさは求めるよりも
気づくものと教えられた

風はやっと止んだみたい
心 おだやかに
何も怖くはない
眠るだけ
2人ならばいつも見てた
悪いあの夢も
もう2度と見ないでしょう
夜明けまで

愛の砂が落ちるように
時間はさらさらと
白いシーツの上
積もって行く
いつかきっと こんな夜が
来ると思っていた
夢なら覚めないで
夜明けまで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加