Half Down

アーティスト錦戸亮(関ジャニ∞)
作詞錦戸亮, HIKARI
作曲錦戸亮
どんなに繕ってみても どんなに着飾ってみても
変われない僕が居て そこに君も居て
抱えきれない理想と 隠しきれない不安を
誰かのせいにしたあの頃

すれ違う度に すり切れて行く街並
君の目に僕はどう映ってた?

二人過ごした日々だけが今も輝いたまま
閉じ込めた思いが 時折この胸に渦巻くんだ
小さな嘘も エゴも 傷も 許し合えたなら
今でも側で笑ってたかな

どれだけ後悔してみても巻き戻せない昨日
同じように世界は明日を待っていて
繰り返しによく似たカレンダーの中にさえ
淡い期待見出したり なんてね

もしも会えたなら 呆れた顔して
笑い飛ばすかな
今さら、って

いつだって僕は 理想ばかり棚に並べてた
いつだって君は 都合のいい夢ばかり見てた
でも多分 過去も 現在も 未来も 認め合えるから
そう信じて祈るだけ

言葉にしたらあとは霞んで行く気がしてた
こうして唄っている今 皮肉なものだね
何も無かった時代と 何もかもがあった時代が
優しい風のように

二人過ごした日々だけが今も輝いたまま
閉じ込めた思いが 時折この胸に渦巻くんだ
小さな希望を 勇気を 傷を 讃え合えたなら
今でも側で 笑ってたかな

相変わらず僕は 理想ばかり棚に並べては
相変わらず君に 都合のいい夢ばかり見てんだ
いつかは過去も 現在も 未来も 愛しく思えるなら
何処までも行こう 僕のままで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加