僕を呼び出したのは

アーティスト吉田拓郎
作詞石原信一
作曲吉田拓郎
大人になるのは 死ぬことなのと
痩せた身体を 投げ出した君
激しい河に 流されまいと
夜に震えて しがみついてた

ささくれだった 硝子の街を
ふたり素足で 歩き続けた
おんなじ痛みを 感じることが
恋することと 雨に打たれた

残酷な季節だったと
目の前の人が笑うよ
あれからはどうしていたの
風のなか 想い出してた

少しはぐれたけれど 今日まで生きてきたよ
少しねじれたけれど 今日まで生きてきたよ
僕を呼び出したのは さがしものがあるの
僕を呼び出したのは どこかへ行ってみたいの

心のアザに ウィスキー注ぎ
倒れて泣けば 昨日は消えた
失うものが なんにもなくて
部屋の片隅 りんご飾った

橋の上から 恐怖と孤独
叫ぶ絵を見て わかると言った
僕にもわかると 答えた時に
あれがサヨナラ だったんだよね

残酷な季節だったと
白い手の人が笑うよ
光るのは指輪だろうか
まぶしくて顔をそむけた

少しはぐれたけれど 今日まで生きてきたよ
少しねじれたけれど 今日まで生きてきたよ
僕を呼び出したのは さがしものがあるの
僕を呼び出したのは どこかへ行ってみたいの

少しはぐれたけれど 今日まで生きてきたよ
少しねじれたけれど 今日まで生きてきたよ
少しはぐれたけれど
少しねじれたけれど

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加