レールが鳴ると僕達は旅がしたくなる

アーティスト吉田拓郎
作詞吉田拓郎
作曲吉田拓郎
波にきらめく若者は、まばゆいほどに輝いて
若い命を身にまとい 歴史と戦う夢を見る

心乱れる青年は 孤独の影を反射して
誰も知らない感動を 時間にとどめる夢を見る

雲を見つめる旅人は はるかな過去をまさぐって
幸わせありとうなずけば 旅に向かって歩き出す

記憶にやどる陽炎は 線路の彼方に 今もある
電車がレールを鳴らすたび 僕らは旅に出たくなる

まぼろしに似た青春に 再び逢える日が来れば
もう一度だってこの道を 進んで行くに違いない

電車がレールを鳴らすたび 僕らは旅をしたくなる
もう一度だってこの道を 進んで行くに違いない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加