流れ星

アーティスト入野自由
作詞市川淳
作曲市川淳
星の見える丘に座って
気のきいたセリフ探していた
時間ばかり気になっていて
笑わすことさえ出来ない
君の横顔とてもキレイで
ホントはそれを伝えたいけど
照れくさくって言い出せなくて
寒くないか?と聞いた

もし流れ星が降ってきたなら
君の手を握ろうと決めてみた
星に願いを込めてみたけれど
そんな奇跡は起こらない

あれから

いつもいつまでも変わらない
モノばかり探し続けてた
一番大事な事はそばに
あったこと 気づけないまま

あの日描いたままの未来が
僕を待ってた訳じゃないけど
胸の痛み包んだ笑顔少しうまくなった

君に話そうと覚えた星座
今でもたぶん全部覚えてる
星に願いを込める夜だって
数え切れない程あった

今でも

いつかもう一度会えたなら
伝えたいことは山積みで
何も言えないままにきっと
涙落としたりするのかも

君と過ごした短い季節
忘れはしないいくつになっても
今の僕を形作っている大切な欠片なんだ

あれから

いつもいつまでも変わらない
モノばかり探し続けてる
一番大事な事はそばに
あることに 気づけたけれど

今の僕の住む街からじゃ
星なんかほとんど見えないけど
曇り空見上げ祈るんだ
今も笑っているように
今も笑っているように

いつもいつまでも変わらない
(眩しい想い出)
いつかもう一度会えたなら
(ずっと二人で)
lalala lalala
(いつかもう一度)
lalala lalala

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加