センチメンタル・番外編

アーティスト杉本真人
作詞最首としみつ
作曲杉本真人
あたしが男を知ったのは
女を知った日から まだ三日目の夜
場末の飲み屋で咽せていた
あたしを介抱してくれた GIジョー
熱い嵐が躯をはしり 気付いたところは安ホテル
ちいっちゃな窓の 硝子越しに
路面電車の青い火花が散った
ラー ラララー
ラー ララララ

あたしが男を愛したのは
女に絶望した日から まだ間もない頃
男と男が部屋を借りて
それからしばらくは 幸福だった
ある晩ジョーは大酒飲んで
手当り次第に あたりをぶちこわす
その日が来たのね あたしのいい男に
まっ黒な頬に 大粒の涙
ルー ルルルー
ルー ルルルル

あたしが街に立ったのは
ベトナム(戦争)が終ってから しばらく過ぎた頃
淋しさまぎらす化粧もいつか
ルージュを引く手付きも 女を越えた
あたしに弱みがあるなら それは
化粧を浮かせる 髭の剃り跡
毎日三時になると 風呂屋に行って
脛毛を剃るのが その日の始まり
ラー ラララ…
ラー ラララ…

あたしに声を かけたのは
今夜はあんたが 最初の男
一本貰うわね ハッカ煙草
つまらぬ話を終らすために
それより あんたは普通の男?
それとも あたしのいい男なの?

今夜も佇む街角に 夜風がしみるよ
センチメンタル ゲイブルース
ルー ルルル…
ルー ルルル…

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加