白いマフラー

アーティストDEEP
作詞Masato Odake
作曲RIO
こんなどうしようもない ボクのことキミは
愛してくれたね・・・ありがとう
吐く息が視界を濁(にご)らせて 最後の場面 ぼやけてるよ

別れ際 キミは微笑んで
「じゃあまたね」って いつでも逢える様な顔で
冬雲(ふゆぐも)の下繋いでいた手を そっと解(ほど)いて 歩いて行った

降りだした初雪が キミを 白く儚く 遠ざけてく
追いかけても 戻らないこと 知ってるから 空見上げた
背中から抱きしめるたびに 不意にくるりと前を向いて
僕を見つめた キミの笑顔 きっと忘れられないよ

好きになるほどに 愛し合うほどに
キミが抱(かか)えてた 寂しさを
見ようともしないで身勝手な 言葉ばかり 押し付けてたね

いつだって キミは微笑んで
楽しむことが 下手なボクの心の奥
温め続けていてくれたこと やっと今更 気付いてるんだ

降り続く初雪の 色と 同じ色した キミのマフラー
目を凝らして 捜してみても もうなんにも もう見えない
泣いて振り切れるものならば いつまでだって泣いてるけど
泣けないくらい 悲しすぎて ただ此処(ここ)に立ちすくむよ

幾千の 雪片(ゆき)がボクを 今 空に吸いこんで行く
初めての想い 軋(きし)んだ痛み
永遠に憶えてるから・・・

降りだした初雪が キミを 白く儚く 遠ざけてく
追いかけても 戻らないこと 知ってるから 空見上げた
背中から抱きしめるたびに 不意にくるりと前を向いて
僕を見つめた キミの笑顔 きっと忘れられないよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加