ヒミツの珊瑚礁

アーティスト秋月涼 (CV:三瓶由布子)
作詞遠藤フビト
作曲松井俊介
夢と夢が恋に落ちるヒミツの珊瑚礁
流れた雲と白い砂 水飛沫弾く空色
キミとさ 観てみたいのさ

あのさ ちょっといいかな ボクと旅にでよう
一度だけでいいさ そんな遠くないよ
ボクがみつけたんだ 誰も知らないトコ
ごはん食べ終えたら ふたり旅にでよう

ねぇここに来てみて まだ目はつむってて
耳をすましていて ホラ見てもいいよ・・・

夜と朝がキスを交わす琥珀の地平線
過去と現在が融けて交じる
世界を染めるみたいでしょ?

胸に抱いた全て今ここから生まれるなら
濡れた瞳 揺れる鼓動 眩しい今日のはじまりを
キミとさ 観たかったのさ

あとさ ちょっといいかな これもメッチャヤバいよ
きっと気に入るハズ 怖くなんてないから

ボクの手を握って まだまだつむってて
後ろを振り向いて ホラ見てもいいよ・・・

空と海がキスを交わす瑠璃の水平線
蒼と碧が融けて交じる
風になびくキミの薫り

波に爆ぜた滴また水面に還るのなら
誰もいない誰も邪魔はできない二人だけの国
キミとさ ボクの秘密さ

一緒に過ごす時間が魔法を振りまいてゆく
見慣れた風景さえ 特別になる

沈む夕日キスを交わすふたり見守るのは
緋と紅が融けて交じる
風がさらうキミの涙

夢と夢が恋に落ちるヒミツの珊瑚礁
流れた雲と白い砂 水飛沫弾く空色

胸に抱いた全て今ここから生まれるなら
濡れた瞳 揺れる鼓動 眩しい今日のはじまりに
キミとさ ボクがいるのさ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加