晩夏の降る庭

アーティスト新居昭乃
作詞永森羽純
作曲かしぶち哲郎
壁に掛けた夏の帽子
色褪せてしまう
あの夏の陽が沈むのを
追いかけるように

あなたを浸す別の恋人
せつなく透けてるさよならでした

バラの季節くりかえし
甘く香るのに
なぜ私たち散るのでしょう?
深く染まるほど

言えない思いつのる夜更けに
それでもあなたをいとしく思った

夏を待ちわびる
愛が咲いた庭
もういちど抱きしめて
木洩れ陽の庭で そっと

今年も過ぎゆく夏が降るから
となりにあなたを夢見てしまう

夏が見渡せる
窓を開けた部屋
もういちど暮らしたい
あの場所でふたり ずっと

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加