五線紙ソング

アーティスト湯川潮音
作詞湯川潮音
作曲湯川潮音
何も持たずかけ出そう
こんな晴れた日には 遠くまで
ベランダに干したままの
白いシャツが はためき手を振る

はじめて通る道は
長ければ長いほど
その先にある景色が
輝いて見えるから

だれにもできないことが
きっとそこにある
手をのばせば 届きそうな距離
正しいのか間違いなのかは
あとからわかるから
いまはこうしていたい

向かい風に身をまかせ
少し後ろを振り返ってみれば
おぼろげだった思いも
あの頃よりはっきりと見えてる

どこへ行くのかはそんなに
たいしたことじゃないから
まっさらなこの紙の上
自由に飛び回ってゆけば

だれにもなれないものが
きっとそこにある
目を開けば 当たり前のように
正しいのか間違いなのかは
あとからわかるから
いまだけをみていたい

だれにもできないことが
きっとそこにある
手をのばせば 届きそうな距離
正しいのか間違いなのかは
あとからわかること
いまはこうしていたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加