冷たい外国人

アーティスト長渕剛
作詞長渕剛, 松井五郎, 秋元康
作曲長渕剛
昔々昔 ずっとその昔 躰のとても大きな男が
黒い電話で回したダイヤル7・3・1
時代の傷跡の中に隠し忘れた 秘密の番号
とても悲しいお話だねと 誰かが 僕に言った
歴史の水面(みなも)に 石を投げれば
本当は僕らも 冷たい外国人
そうさ 冷たい 冷たい外国人

灰色の雨が降り続いてた 崩壊の年1945
その男は退屈しのぎに 自分の舌を噛んだ
流れる赤い血におぼれながら 世紀末への袋小路で
飢えた子供はやせた母親の乳房で 死んだ
歴史の水面(みなも)に 石を投げれば
本当は僕らも 冷たい外国人
そうさ 冷たい 冷たい外国人
右の頬 左の頬 打たれた痛み その胸で受けとめろ
打たれた痛み その胸で受けとめろ
あれから38年の月日が流れ去った今でも
その男はひとりで 電話のベルを待ち続けてる
もしかして 時代のこめかみに撃き金引く時がきたとしても
その男が回すダイヤル7・3・1
歴史の水面(みなも)に 石を投げれば
本当は僕らも 冷たい外国人
そうさ 冷たい 冷たい外国人

右の頬 左の頬 打たれた痛み その胸で受けとめろ
打たれた痛み その胸で受けとめろ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加