わがまま気まま流れるまま

アーティスト長渕剛
作詞長渕剛
作曲長渕剛
春待ちきれない街で 恋人達は出逢った
今にも届きそうな 空がそこにあった
ガラスケースの中で 二羽の小鳥を飼った
楽しい日々だけが 星空で輝いてた
彼は指輪を贈り 彼女は口づけくれた
幼いままの心で二人は愛し愛されていた
若いからこそ できることだって あるさ
君と僕が 見た空は高すぎた

若いからこそ できることだって あるさ
わがまま気まま流れるまま

それがいつの日だろう ガラスケースを破り
小鳥達は星空へ はばたいて飛んでった
愛と迷いと夢が 彼女の肩をすりぬけ
重すぎた指輪ひとつ 少しだけはずしてみた
大きな愛を彼女は 小さな鉢に植えた
陽のあたらないこの部屋は彼女には広すぎたんだね
若いからこそ できることだって あるさ
君と僕が 見た空は高すぎた
若いからこそ できることだって あるさ
わがまま気まま流れるまま

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加