狂想曲(ラプソディ)

アーティストチャゲ&飛鳥
作詞飛鳥涼
作曲飛鳥涼
街は夜ごとの 狂想曲
まぶたの鏡に映すやさしさなら 流行りのように

登りつめれば いつも
つかみそこねた想いで だけど心は繰り返す

いいじゃない Oh-Oh
いいじゃない Oh-Oh
何度も Oh-Oh
冷めることのない 熱い肌

ロマンスは わがままで疲れやすいから
やるせなさが爪を立てて 涙が痛い

愛はもう すれ違い 知らん顔をして
夜明け過ぎの 曲がり角

都会の海は 幻想
闇に呑まれてゆられて 夜のとても深いところ

残された夜の隅 何処かで夢が泣いてる
たどり着けない 愛のあたり

いいじゃない Oh-Oh
いいじゃない Oh-Oh
それでも Oh-Oh
眠ることのない 甘いわな

ロマンスは わがままで疲れやすいから
やるせなさが爪を立てて 涙が痛い

漕ぎ出した舟はもう 帰ることもなく
そして次の 朝を待つ

言葉の罪は かろやかに かろやかに
まばたきよりも ひそやかに ひそやかに

ちょっと黄昏て はにかんで きまぐれで
OH YAH YAH YAH YAH

ロマンスは わがままで疲れやすいから
やるせなさが爪を立てて 涙が痛い

漕ぎ出した舟はもう 帰ることもなく
そして次の 朝を待つ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加