サマーレイン (Dancing Umbrella Edit.)

アーティストあさまっく
作詞桃華なゆた
作曲Nem
温んだ夕陽のむこう 君の影を探してた
夏に染められた街は 隠すことばかりが上手い

オレンジの空 突然こぼした雨音
濡れた暗に映る 傘の群れのなか 君が

揺らめいて また 陽炎に滲む
駆け上がる階段の先の その手には
触れられないと 知っていた なのに
意味を手放した傘だけが 音を立て叫びのよう

近づくたびに惹かれて 手をのばせば掻き消えて
雲がほどけていくとき きまって君は目を逸らす

白いサンダル 水たまりを踏んで濡れて
困ったみたいに 笑う顔がかすんでく

ただ消えるだけ そんな存在を
忘れることができないまま 焦がれては
不確かな君 もう雨の向こう
アスファルトが乾いたら もう 君の跡は残らない

陽は雨に落ち 君を映しだす
泣いたように零れた声が 消え去っていく

疼く感情 ルールを破って
うたかたのような結末を 描き出す
「もっと傍へ」と 願うワガママで
確かに近づくのに 雨が 傘が揺れて 滲むまた

遠くへ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加