真赤な太陽

アーティストサニーデイ・サービス
作詞曽我部恵一
作曲曽我部恵一
恋と眩しさの予感がずっと
つきまとうようなこんな季節には
囁く愛の言葉もひとりでに
歩き出すようなそんな一日だってあるんだ

真赤な太陽がちょっと笑った
くすぐったいような笑みを投げて
愛の言葉が滴り落ちれば
二人が歩く通りを濡らすんだ

風が二人の心を掴んではひどく揺さぶって
表通りで二人はからからから回りするんだ

ぼくの大好きな彼女を連れて
通りを歩けばみんな振り返る
歩き疲れたらそこの珈琲屋で
休む振りして他の女の娘を見るんだ

真赤な太陽もちょっと笑った
西も東もないような昼下がり
愛の言葉が滴り落ちれば
二人が歩く通りを濡らすだけ

カフェの窓際腰かけ 若い二人は何思う
恋する二人はいつでもからからから回りするんだ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加