会いたかった少女

アーティストサニーデイ・サービス
作詞曽我部恵一
作曲曽我部恵一
まぶしい陽ざしのもとは実はきみだったんで
思わずひるんでしまったぼくです
心に太陽が照るように昼下がりの風に乗って飛んで行きます

見つめるとまぶしすぎて目をつむってしまうほど
知っているんだ ずっとぼくが会いたかった少女
くらくら どろけるようなくちづけ夢見ているぼくです
めらめらと燃えるような恋を夢見ている今日この頃は

正午すぎのバスにゆらりゆられてきみに会いに行く
嬉しくなるような日なんです
昼下がりの風のように行く先知れず人知れず
きみへ飛んで行きます

見つめると悲しすぎて目をつむってしまうほど
知っていたんだ ずっとぼくが会いたかった少女
くらくら とろけるようなくちづけ夢見ているぼくです
めらめらと燃えるような恋を夢見ている今日この頃は

くらくら とろけるようなくちづけ夢見ているぼくです
めらめらと燃えるような恋を夢見ている今日この頃は
心にはそんな太陽がいっぱい
行く先はだれにも教えないまま

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加