向日葵の12月

アーティストBase Ball Bear
作詞小出祐介
作曲小出祐介
キャンパス小町の君は歩く 小胸で楽譜を抱えてた
レモネードの服 まだミラーボールが残ってる

エレベーター仕掛けの季節は巡る
スカーフの風 別れの髪形
飛ばされてった彼女は帰らない

平仮名で書く 喫茶店は真昼
思い出話 俺は角砂糖を噛み砕いた

十二月に俺は生きる
景色の中に溶け消えた 向日葵の君が漂う
白い呼吸 夏を吸い込み、曇り硝子

モーゼよろしく 女学生徒の群れ、割れ 俺一人佇む
冬の朝 頬紅色の車両が流れる

降り出した銀紙が張り付いた窓
メジャーセヴン混じりの暮れぬ鼻歌
歌えなくなった彼女はもういない

兎の化粧 施した屋根 眺めていると
日が射し摩天楼の影で濡れた

十二月に俺は生きる
水溜り飛び越えながら踊る君が零れてくる
今、駄目だと呟いても 枯らすグラス

キャンパスを歩いてく 楽譜を抱きしめたまま
君が笑うパノラマの風景 それは俺の知らない風景

十二月に俺は生きる
景色の中に溶け消えた 向日葵の君が漂う
白い呼吸 夏を吸い込み、曇り硝子

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加