ドッペルゲンガー・グラデュエーション

アーティストBase Ball Bear
作詞小出祐介
作曲小出祐介
今日、太宰を読んでたら文字の羅列が君の顔を成している様に見えました。
俺はまだ忘れてない青春予定調和のシーン。
赤みかかったフィルム風の記憶。

曖昧に変わる思い出の中で黄金期をむかえていた俺が今になれぼなる程、うらやましい。

あの頃の写頁の上の方に開いた画鋲の穴の奥をのぞく。
あの頃が見えてきそうでたまらない気持ち、簡潔に書いて1コ一ドの曲にした。

その曲に合わせ鳴る心臓が32ビート、ローがハウってセンチメントが逆流していく。
でも、曙昧に変わる思い出の中で黄金期をむかえていた俺を、追いつづけている。

ずっと追いつづけては追いつづけていく、新しく思い出を更新する作業。
それは変わる変わらないの問題じゃなく、回想の中で苛立つ位笑っている自分からの卒業。
もう1人の自分からの卒業―・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加