東京ピラミッド

アーティストBase Ball Bear
作詞小出祐介
作曲小出祐介
渋谷駅西口に60分遅れで到着した俺。
夕一トルネックの季節に1人熱くなって人海(ひとうみ)を泳ぐ。

偽者の君がいっぱい。よく君を見たことなかった・・・
今風シティストーリーの主役を演じてることに気付き、嬉しくなって―

等寸大ジオラマの中を胸躍り駆けていく俺、郁市伝説になりそうさ。
「笑いながら走る男が都内に出現」なんて

嗚呼、君を捜す俺を誰か見てくれているか? 人々よ。
亜空間から俺を見下ろすピラミッド。
キミのために走ろうか。

立ち止まり途方に暮れて哀愁
ため息つく顔は笑っている
人海に難破している
さらに雨でも降れぱよリ、いい・・・・

鳴呼、「君を捜す俺」と「駅に向かう君」の演る舞台を
亜空間からただながめるピラミッド。
キミのために走ろうか。
演じようか。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加