少女と鵺

アーティストBase Ball Bear
作詞小出祐介
作曲小出祐介
毎日退屈ばっかの少女は今日も 笑えもしないで帰宅
冷蔵庫に昨日のパースデイケーキの余り 一口で頬張って
二階へ上がる 「家鳴りがひどいな」と咳いて

ベランタから見える景色は躁鬱 秋の色も濃くなってきたくせに
全カ失踪手段を考えてるうちに 内緒のビールもぬるくなっていた

神隠しにあって 鵺の背に乗り
東京の夜空を 飛ぷ夢
いつの間に 寝息をたてて 二時間後・・・

曖昧になる前に逃げることは逃げじゃない、と
わかった時に 一階からの夕飯と呼ぷ声で目が覚めて また夜が来て

午前三時 遠くでバイク音が鳴る
天然リヴァープ 気持ちいいなぁ
見えない天井 眺めていると
丸い目が ギラリと光っていた

曖昧になる前に逃げることは逃げじゃないよ
ふわり 夜空に飛ぴ出す不思議な感じ
彼女の知らない朝が来て

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加