微熱ボーイ

アーティストBase Ball Bear
作詞小出祐介
作曲小出祐介
世渡り上手少年A、退屈な日常に見切りをつけた。
でも梅雨盛り気分は沈むし、晴れれた日には「ヘヘヘ・・・」と笑う。

いつでも熱っぽさ探してたどりたどった先は、アノ恋だった。
生まれて初めてのタメ息 それは焦がれた胸から出た。

失恋前線が来日。
彼は少女に伝えたのだ。

「あなたの弦を鳴らす刺激になるよ、それこそ
『僕』の上の上の上の・・・・・上の、
『僕』の目の上の目の上の・・・上の『俺』を目指す」って。

8月の夜町 背景パックに少女は必然とハエた。
この先の展開の予告編が邪にただ、先行(閃光〕フラッシュパック。

デスとラブを共有しているアノ恋はまさに、キワメ・ツケ。
青い時期特有の生憎さ、少しの憂鬱が無責任で善い。

雲が軍艦にに見えた日、彼は少女に伝えたのだ。
「心の弦を鳴らす刺激、求めてみないか?」

オレンジ色、あの娘のウソの香リもいつかは消えてくれるの?
僕の熱だけ冷めてしまうの?
微熱を集めて集めて集めて集めて集めてみたけど・・・・夏はもう、終わった。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加