メタモルフォーゼ真っ最中

アーティストBase Ball Bear
作詞小出祐介
作曲小出祐介
恋愛体感温度に致命的差があると言っていた君を
サリンジャーの少年みたいに笑いとばした白日場面。

手紙の付録、君の部屋の香りのせいで思い出せた。

一足先に手を振って再見(さよなら)の笑顔。
もう会えないと直感予報。
次に会った君は君。でも、あの日と温度のちがう君。

俺は群青の夜明け通りに1人、アローン。
額に手をあて熱を測る。平熱を感じた・・・

君色街の風をあぴる度にふらついて、君にしかられて
いるような気分を味わえるよ。
それと同時に今の俺のモノ足リなさを感じて、失笑して。

早い者勝ちのシステムになってどれ位経ったのだろう。
君もそんな恋にノッてしまうの?
サリンジャーの少年は通用しないってことなんだね?

俺は群青の夜明け通り1人、アローン。
道端には碓かの抜け殻、今日もどこかでメタモルフォーゼ展開中。
額に手をあて熱を測る微熟を確認した。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加