燃えよ太陽

アーティスト古川雄大
作詞田中明仁
作曲田中明仁
地平線に沈む夕日 振り返れば歩いた道
いつか見上げた空に 描いた理想の自分とは
ちょっと違うけどそれも悪くないさ

照りつける日が肌焦がす日も 土砂降りの雨にぬれる日も
心のコンパスの射すほうへ きつとそこに答えあるから

流れてゆく雲のように 形変えるこの世界で
僕がここにいる証を ずっと探してゆくんだろ
そして終わりなき旅は続いてゆく

立ち止まる日も意味はあって 進む意味を教えてくれるよ
涙はいつか雲になって 僕を潤す雨になるから

いつか君と交わした約束 今も僕に力をくれるよ
見上げた同じ空の下で 僕らは繋がってるんだ

照りつける日が肌焦がす日も 土砂降りの雨にぬれる日も
心のコンパスの射すほうへ きつとそこに答えあるから

立ち止まる日も意味はあって 進む意味を教えてくれるよ
涙はいつか雲になって 僕を潤す雨になるから

靴紐をもう一度結んで 大きく深呼吸していこう
今日の日は沈みゆく太陽 明日また昇るから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加