路上の詩

アーティストFOOT STAMP
作詞後藤貴光
作曲後藤貴光
人込みは孤独の集まりで道端横たわる人影も
細い路地の街灯りは溜め息の様な光

路上の悲しい歌声が静かな夜空に散ってく
肌寒い風に吹かれて温もりを求め彷徨う

悪酔いしている大人達の足元ふらついて帰る道
辿り着けない夢のなかで引き戻される現実

眠らない街もやがて日が昇れば終わるから
行き場のないさみしさだけが夜に目覚めて彷徨っている

交わす言葉もないままで人が擦り抜けてゆくよ
泣いて笑って騒いで病んでる冷たい街で

路上の悲しい歌声が静かな夜空に散ってく
肌寒い風に吹かれて温もり求め

眠らない街もやがて日が昇れば終わるから
行き場のないさみしさだけが夜に目覚めて彷徨っている

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加