沈まない夕陽

アーティスト火積司郎 (CV:森田成一)
作詞石川絵理
作曲佐々倉有吾
これで終わってたまるもんかと
さらしたまっ赤を懐にいれて
語らぬ背中 頑なにつらぬき
じっと何を 見つめているのか

石ころだらけの一本道を
いつかみてろよと思いひとつで
きっと誰もが 風穴だらけの心
抱えながら 今日も生きていく

夕焼けに とけて消えるまで

燃やしても燃やしても足りなくて
夕陽(たいよう)は夕陽は沈まないまま
その時が来るまで あきらめないと
追いかけろ追いかけろ情熱が
まだ熱くまだ熱く火傷するほど
胸を焦がすならば サァ

だんだら坂道のばっていけば
目のまえに広がる城下の町
額の汗を 流れるままにしてただ
ずっと何を 信じ続けてる

夕映えと ひとつになるまで

悔やんでも悔やんでも立ち上がる
夕陽(たいよう)が夕陽がそこにあるから
きっとできるはずさ やってみせろよ
恐れるな恐れるな何度でも
ただ強くらだ強くどこまでも強く
願うというならば アァ

夕焼けにとけるまでは

燃やしても燃やしても足りなくて
夕陽(たいよう)は夕陽は沈まないまま
その時が来るまで あきらめないと
追いかけろ追いかけろ情熱が
まだ熱くまだ熱く火傷するほど
胸を焦がすならば サァ

そう願うというならば アァ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加