海霧のかなたへ

アーティスト八木沢雪広 (CV:伊藤健太郎)
作詞石川絵理
作曲増田武史
白い霧が阻んでゆく あの海原の先
見ることさえ叶わないと 独り立ちつくした

ああ たとえそれが見果てぬ夢とついえても
ああ そこに望みあるのならば進もう

だから微笑を静かにたたえて 前を見つめよう
この胸のなかにすべて沈めて 越えて行こう彼方まで
信じたものだけが角灯(ひかり)と

かき分けても晴れないなら 波に身をまかせて
ただひたすら思い馳せて まぶた閉じていよう

ああ たとえ守り切れずに想い尽きるとも
ああ 誇り高く頭もたげ生きたい

だから曇りひとつもない魂(こころ)で 音を響かせる
きっと冷めることないこの熱さを 秘めたままで彼方へと
時をつないで行ければいい

ああ たとえそれが見果てぬ夢とついえても
ああ そこに望みあるのならば進もう

だから微笑を静かにたたえて 前を見つめよう
この胸のなかにすべて沈めて 越えて行こう彼方まで
信じたものだけが角灯と

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加