時の面影

アーティスト
作詞近野淳一
作曲近野淳一
飛び立っていくよ 消え去っていくよ
たとえ羽を持たぬこの思いも

時がいるから そこにいるから
忘れようとすること覚えたんだ

忘れてはまた繰り返している
でもそれ自体 思い出している

時の面影 そこに我あり
振り返らずともずっとここにある
君が泣いてる ほら笑う顔
歌にのせる声
忘れたふりだ

急ぎ歩いた 落し物をした
落とされて遠回りと気付いた

「置いていかないで」
ついていきたくはないのに
時計の中に住んでいるのがただ怖かった

流れても岩を選んでも
行き着く先は無限の海原

時の面影 そこに我あり
走っても俺の距離は俺のまんまだ
大地を蹴ってる ほら息切れだ
歌にならぬ声
疲れたふりで身を任せてる

時の面影 そこに我あり
後にも先にも引くことはない
痛みに止まり 焦りに流れ生まれた
今日の日だ

時の面影 そこに我あり
影なる道 背に光あればこそ
光とともに ほら足跡が
歌に歩む声
見えないふりで時へと進め

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加