ロンサム

アーティスト椿屋四重奏
作詞中田裕二
作曲中田裕二
信じたものが すぐに壊れて
慣れてしまうしかすべがないのさ

救いの歌も 嘆きの歌も
きっと僕じゃない やつらの歌さ

逃げ込んだベッドの中に
出口を探した
息苦しさですぐに目が覚めて
無駄に過ぎた時間は背を向け

僕らはそう 孤独な空の影にひとり
立ち尽くして
暗闇の静寂に消えないように
祈りかき集めて

君だけが 思う明日はただの夢か
夢じゃないのか
今朝もまた 同じ様な始まり方
まだ何もおさまらない

色鮮やかに 見えてしまうのは
美しさより醜さばかり

傷ついたふりは したくないけど
悲しい言葉で人は振り向く

逃げ込んだベッドの中で
夜空を探した
輝く星はここに描くのさ
誰もいない 僕だけの宇宙に抱かれ

もう一人の僕に問う
おまえは敵で味方だけど
疑う以上に信じてた

誰もがそう 孤独な空の影にひとり
膝抱えて
思うように光へと踏み出せずに
夜に彷徨うのさ

君もまだ 履き慣れない靴で歩いてる
たとえ毎日が
泡の様にはじけて消えても
足を止めないでくれよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加