恋金魚的歌

アーティスト後藤邑子
作詞後藤邑子
作曲米田直之
露草の帯 髪飾り 見せたくて
少し早足 追い越した カラコロと
洗い立ての髪の香り ふわふわり
袖口のぞく焼けた肌 夏の色

あざやかな光が揺れる
私たちはピントのずれた
金魚みたいにすれちがう
遠く夏の音

紅と緑と藍の色
水面にユラユラ恋模様
ふたつ並ぶ影法師
浮かんで消える
濡れたまつげ 落ちる夜露
音頭に押されて頬寄せた
不意に君が振り向いた
その目にクラリ

お気に入りのそのかき氷 何の味?
真っ青な舌見せ笑う 吹き出した
悪ふざけ イチゴに混ぜた 瑠璃の色
触れた指先が痺れた 何の毒?

狐のお面からのぞく
子供みたいなイタズラな目に
陽炎のように泳ぐ光
夏の夜の夢

ふたつ寄せた線香花火
交じって溶けて落ちた後に
どこか秘密の匂いがする
夏が焦げるよ
遠く藍の空を染めて
熱いか痛いか恋花火
弾けて消えた花の名残り
心に咲くよ

ラムネ瓶の底のビー玉
二つ手のひら乗せ転がる
嬉し楽しい 何が正しい?
くるくる回る

ふたつ寄せた線香花火
交じって溶けて落ちた後に
どこか秘密の匂いがする
夏が焦げるよ
遠く藍の空を染めて
熱いか痛いか恋花火
弾けて消えた花の名残り
心に咲くよ
弾けて消える夏のように
恋をしようよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加