冗談

アーティストORIGINAL LOVE
作詞田島貴男
作曲田島貴男
薄明るい空 タクシーを拾う246で
酔った客がつけたドライバーの顔のアザ
濡れたガラス拭って まがったビルを見る
空に寂しい街のエンジンが燃えてる

新しく出会ったあなたを想って
帰る家のない街のなか眠そうに走り出した夜明け
最新ニュースが無力なぼくに突きつける
無数の問いかけから逃げていられない生活

ぼくを覆い尽くした悪い冗談や孤独と争う毎日
変わる時代きしむ街になお強く あなたを追いかけている

月に偉大な一歩標して笑っていた
アポロの時代に描いたふるい未来の終わり
泣いてばかりの世界 神が試す街
犠牲あふれかえり さしのべられた手と手

ぼくを覆い尽くした悪い冗談や孤独と争う毎日
変わる時代きしむ街になお強く あなたを追いかける
いつまでも静まらない風を胸に まだ旅を続けてる
もういちど 善や悪や愛や妬みのぼくにチャンスをください

「闇に闇を追い払うことはできない
それができるのは光のみ」
こころに火を灯してドライバーにお金を払い
タクシーを降りて 冗談渦巻く街に紛れこむ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加