情熱に届かない~Don't Let Me Go

アーティスト松任谷由実
作詞松任谷由実
作曲松任谷由実
快速電車を見送った 川近い駅の夕焼けに
きみがいた夏の 匂いが吹いて来る
細めた瞼くすぐるように

遠くの道路の橋桁が 最後に眩しく溶けていた
時を追い越して はしゃいだ私達
みんな みんな

きかせてよ あのときのうた
あなたの声で もう一度だけ
ガードが轟きちぎれ飛ぶ
Don't let me, don't let me go
忘れたくない あのときの夢
今は情熱に届かない

きっとそれぞれに思ってた
何を目的に生きてくの
口には出来ない不安を抱きしめて
ずっと ずっと

描いてよ あのときの空
あなたの胸に もう一度だけ
白いキャンパスが燃えるほど
I want to, I want to know
失くしきれない あのときの夢
いつか情熱に届きたい
きみがいた夏の匂いが吹いて来る
そっと そっと

きかせてよ あのときのうた
あなたの声で もっと激しく
夕陽の彼方にちぎれ飛ぶ
Don't let me, don't let me go
忘れたくない あのときの夢
今は情熱に届かない

あのときのうた
あなたの声で もう一度だけ
ガードが轟きちぎれ飛ぶ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加