ただわけもなく

アーティスト松任谷由実
作詞松任谷由実
作曲松任谷由実
かけのぼる 堤防の入道雲が
わくわく わいてた はるかさらうように
きみと手をつなぎ どこまででもゆけた

太陽のかげぼうし ゆっくりのびて
夕立ちの音が そこまで来てても
きみとすごす日は 決して終わらないと思えた
ただわけもなく

青い空に出会ったら ヨロシクとつぶやいて
きみがどこにいても 想い出せる
ほんの近くに

気まぐれな メロディーを逃がさないように
口笛で書いた 草と風のノート
きみの手のひらに そっとしがみついた

何もかも 変わっても 変わらないのは
心の瞳に まぶしかったもの
きみの髪ゆらす 光の輪のプリズムみたい
焼きついている

青い空に出会ったら ごめんねとつぶやいて
きみにできることを 残したまま
また会う日まで

青い空に出会ったら ヨロシクとつぶやいて
きみがどこにいても 想い出せる
ほんの近くに

青い空に出会ったら ごめんねとつぶやいて
きみにできることを 残したまま
また会う日まで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加