ひとつだけ

アーティストNEVER GOOD ENOUGH
作詞佃信雄
作曲佃信雄
自分自身を犠牲にしてまでも
守るべきものは一体何だ
耐えきれないほど抱えた痛み
数えきれないほど落とした涙

光と影 重なりあって
そしてだれも 見えなくなって
時が刻む音に揺られて
やがて眠る ころがる石のように
無関心な人たちがボクらの未来をダメにする
そして
年老いた人たちがボクらの才能を殺してしまうその前に

雨上がりの空に ボクなりの虹を描くよ
たとえきれいでなくてもいい
最後に 笑えずに 嘆くよりは マシさ

その瞳の奥に輝くその光で
もう一度 世界を照らしてよ
ありのままの君で
自分自身を犠牲にしてまでも
守るべきものは一体何だ
生きてゆく意味 産まれたワケ
いくら探しても 答えがないから

とりまくもの からまりあって
やがて なにも見えなくなって
甘い苦い記憶に溺れて
それでも なお 日のあたる方へ

一瞬のひらめきよ
どうか
永遠のきらめきへ

幸せがくるの 指おり数え
待ってても それはそれで キリないから

雨上がりの空に ボクなりの虹を描くよ
たとえきれいでなくてもいい
最後に 笑えずに なげくよりは マシさ

その瞳の奥に輝くその光で
もう一度 世界をてらしてよ
ありのままの君で

今君に伝えたい事を
一つだけにするなら
照れかくしで 笑いながら言う
おきまりの あのフレーズぐらいだけど

その瞳の奥に輝くその光で
ボクの世界を照らしてよ
ありのままの君で

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加