およげ!たいやきくん

アーティスト田中星児
作詞高田ひろお
作曲佐瀬寿一
毎日(まいにち)毎日(まいにち) 僕(ぼく)らは鉄板(てっぱん)の
上(うえ)で焼(や)かれて イヤになっちゃうよ
ある朝(あさ)ぼくは 店(みせ)のおじさんと
けんかして海(うみ)に 逃(に)げこんだのさ
初(はじ)めて泳(およ)いだ 海(うみ)の底(そこ)
とっても気持(きもち)が いいもんだ
おなかのアンコが重(おも)いけど
海(うみ)は広(ひろ)いぜ 心(こころ)がはずむ
桃色(ももいろ)サンゴが 手(て)をふって
ぼくの泳(およ)ぎを 眺(なが)めていたよ

毎日(まいにち)毎日(まいにち) 楽(たの)しいことばかり
難破船(なんぱせん)が ぼくの住家(すみか)さ
時々(ときどき)サメに いじめられるけど
そんな時(とき)ゃ そうさ逃(にげ)げるのさ

一日(いちにち)泳(およ)げば ハラペコさ
目玉(めだま)もクルクル まわっちゃう
たまには海老(えび)でも喰(く)わなけりゃ
塩水(しおみず)ばかりじゃふやけてしまう

岩場(いわば)のかげから 喰(く)いつけば
それは小(ちい)さな 釣針(つりばり)だった
どんなにどんなに もがいても

針(はり)がノドから とれないよ
浜辺(はまべ)で見知(みし)らぬ おじさんが
ぼくを釣(つ)り上(あ)げ ビックリしてた

やっぱりぼくは たいやきさ
少(すこ)しこげある たいやきさ
おじさんつばを のみこんで
ぼくをうまそに 食(た)べたのさ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加